葬式の費用の内訳とは

葬式の費用はその式の形式や規模、その地域の慣習などで大きく変わります。

全国の葬儀にかかるお金の平均額は約200万円ほどとなっていますが、最低で20万円から最高は800万円近くの費用がかかったという例もあります。

飲食代など葬式に出席する人数などでも大きく違いが出てきます。

神戸の遺品整理に有効な知識の紹介です。

葬式にかかるお金は大きく分けて3つあります。

1つ目は葬儀一式費用です。
これは葬儀や葬送を行うにあたり必要な物や人にかかるものを指します。

遺体をお迎えしたり、搬送する際から、火葬、骨上げまでの一連の流れの中で発生する金額にあたります。

2つ目は寺院費用です。

海洋葬について知りたいならこちらのサイトは便利です。

読経や戒名にかかるお金を指し、寺社や教会により大きく異なります。

家族葬はかなり有益な情報が揃っています。

読経や戒名が必要ない場合、このお金はかかりません。

あなたに合った条件の三重の葬儀について知りたいならこちらです。

全国平均は約51万円程になっています。

新宿で納骨堂の様々な相談を受けることができます。

3つ目は接待や飲食にかかる費用です。


これは会に参加する人の人数により異なります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1345312128

会葬での料理や飲み物、会葬返礼品などにかかるお金を指します。


ほとんどの場合、葬儀会社の見積もりには葬儀一式にかかるお金のみ含まれており、他は含まれていません。


総額がいくらくらいかかるのか、全てを含めて検討することが大切です。

https://okwave.jp/qa/q7958360.html

また、料理や返礼品などをグレードアップをしたり、見積り時より人数が増え料理や返礼品の数が増えることにより、見積りより金額が上がってしまうことがあります。

http://news.goo.ne.jp/article/fukui/nation/fukui-20170222174530964.html

見積り書を依頼する際には、グレードアップをした時の金額も見積ってもらい、しっかり検討する必要があります。

関連リンク

葬式のセット料金内訳は必ず確認

お葬式に掛かる料金として誤解されがちなのが、お葬式のセット料金の中にお坊さんにかかる費用、接待のための費用が含まれていると考えてしまうパターンです。お坊さんへのお布施や通夜や告別式の料金は別途かかることが多いです。...

more

こだわらない葬式の料金

お葬式の形式にこだわらない人や、特別宗教を信じていない人であれば、火葬だけ行う直葬が最も料金が安いです。火葬に必要なものだけを用意するので、接待費用やお布施の費用はかかりません。...

more